1. ホーム
  2. エリア知名度の高いレンタルオフィスを探すなら赤坂・六本木に注目!

レンタルガイド

エリア知名度の高いレンタルオフィスを探すなら赤坂・六本木に注目!

pt-007
レンタルオフィスは法人登記にもその住所や電話番号が使えるため、どこのエリアで探すかという選択がとても重要になります。
もちろん、オフィス内でできる仕事内容はどこでも同じかもしれません。しかし、対外的な信用度はオフィスのある場所によって大きく違ってくるため、慎重に選ぶ必要があります。
赤坂や六本木は全国的にもハイグレードな街として知られているエリア。
対外的な評価を高めるのにはもってこいの場所です。

レンタルオフィスという選択肢

どのエリアのレンタルオフィスを探したらよいかという話の前に、事務所はなぜレンタルオフィスがおすすめなのかという話を先にしておきましょう。
オフィスを構えるとなると、よほどの大手ではない限り自前のビルということはなく、ビルの一角などを借りることになります。
従来は、貸事務所を借りる形でスペースを用意し、そこに自分たちで選んだオフィス家具や設備などを入れていました。しかし、貸事務所は借りるだけでも月々の賃料の他に約1年分の保証金を用意しなければなりません。
審査も厳しく、なかなか新規事業を始めるために事務所を借りようと思っても借りられません。やっとのことでスペースを確保しても、そこに自前で人数分のデスクや椅子を入れ、電話回線やインターネット回線を引き、OA機器も用意しなければならないため、初期費用がかかりすぎました。
その点、最初からデスクと椅子が用意されているレンタルオフィスなら、賃料以外の保証金もわずかですから、初期費用を大幅に抑えられます。将来的には備品や設備をすべて自前でと考えている場合でも、最初はレンタルオフィスを選んでおけば資金の準備もできます。契約すればすぐに事業を始められ、退去時には余分な費用もかからない点もおすすめです。

赤坂エリアの特徴は?

赤坂は、赤坂Bizタワーや赤坂アークヒルズなど超高層オフィスビルが立ち並ぶエリアです。全国的にもハイグレードなオフィス街としての知名度が高く、オフィスが港区赤坂にあるというだけで大きなステータスになります。赤坂駅には東京メトロ千代田線しか通っていませんが、徒歩圏内に複数の駅があり、国会議事堂や霞が関、虎ノ門などの省庁からも近いため、利便性の高いエリアです。

六本木エリアの特徴は?

六本木というとまず思い浮かぶのが六本木ヒルズかもしれません。しかし、オフィスビルが立ち並ぶ前は、芸能人が集まる遊び文化の発信地というイメージを持たれていたエリアです。
実は戦時中、六本木には軍事施設があった関係で、終戦後は進駐軍に占領され、アメリカンスタイルの店が多くできました。そのため、外国人が行きかう街になったのですが、その後テレビ局ができ、芸能人を見かけやすい街になったのです。かつて六本木にあったテレビ局が別の場所に移った後は、オフィスビルが多いビジネス街としての姿と、大型の商業施設に人が集まる観光スポットとしての姿が特徴的なエリアになっています。六本木駅には東京メトロ日比谷線と都営大江戸線の2路線が通っており、地下鉄で都内各所へ向かうのには便利な立地です。

赤坂・六本木エリアにオフィスを置くメリット

赤坂・六本木エリアにオフィスを置く最大のメリットは、ビジネス上「港区赤坂」「港区六本木」という住所を使えるという点です。
単に仕事をするということで考えれば、デスクと椅子があり、仕事をするのに十分な広さがあればよいということになりますが、ビジネスを行う上では顧客の信頼を得ることが必要になります。オフィスのある場所というのは、ビジネス上の信頼にもつながるため、賃料が多少高くても信頼を得やすいエリアに事務所を構えることがメリットになります。赤坂や六本木は既に全国的な知名度もあり、一流企業が事務所を構える場所というイメージも浸透しています。
特に新規開業でこれから新しく顧客を集めていくという場合には、赤坂や六本木のネームバリューが役立ちます。

新卒で事業を始める場合は?

大学を出てすぐに事業を始めるという場合は、開業のための資金を工面するのが難しいかもしれません。特に、新卒の場合はこれまでビジネスとして業績をあげていないため、従来の貸事務所を借りようとしても審査が通りません。ですから、選択肢はレンタルオフィスという形に絞られるはずです。レンタルオフィスなら毎月の賃料と必要なオプションサービスの費用だけで利用できます。
ただし、せっかく開業するのであれば、事務所を置くエリアはしっかり考えた方がよいでしょう。とりあえず事務所を置きたいと思うと、賃料の相場が安いエリアでレンタルオフィスを選びがちですが、これから顧客の信頼を勝ち取っていくことを考えたら、信頼を得やすい住所を利用することも重要です。
「港区赤坂」「港区六本木」は、全国を相手に仕事をする際にも通用します。自分がひとりで動き回っても、レンタルオフィスであれば、留守中の電話対応なども任せられるため安心です。

高級感のあるエントランス

赤坂・六本木エリアのレンタルオフィスは、高級感のあるエントランスに有人受付や待合スペースのあるところが多いため、来客が多い事業をしている場合には特におすすめです。
実際に接客するスペースは赤坂や六本木ならいくらでもビルの外にあるため、訪問客の目に入るエントランス部分に注意して選んだ方がよいでしょう。昼間の時間帯に、受付に人がいるかどうかだけでも受ける印象が違います。

新規事業でのレンタルオフィスの活用法

これまで他のエリアで長年事業を展開してきたという場合でも、レンタルオフィスを活用できます。既に今までの場所で信頼を得てきた事業者は、そこの事務所をたたんで新たな場所で事業を始めるというのは冒険になってしまいます。しかし、事務所が手狭になった場合や、新規事業を始める場合には、赤坂支店や六本木事務所という形でレンタルオフィスを使うということが可能です。
広い貸事務所を新たに契約するよりもずっと経費節減になり、新しい事務所で仕事をする人だけをレンタルオフィスに送り込めばすぐに仕事も始められます。事務所の広さを広げるよりも、新しく事務所を増やした方が、対外的に事業を拡大したことが伝わりますし、赤坂や六本木に別事務所を構えることで、業績のよさをアピールすることもできます。
また、貸事務所には無料で使える会議室もあるため、少人数の事務所を置いておくだけで、10人前後が集まって会議をするスペースを確保することも可能です。

赤坂・六本木でレンタルオフィスを探すときの注意点

赤坂・六本木にはレンタルオフィスがたくさんありますが、スペースの広さやサービスの内容が場所によって異なります。
まずは、レンタルオフィスを利用する人数と、必要なサービスを書き出して、それらの条件に優先順位をつけましょう。インターネットでもどのようなサービスを受けられるかがわかりますが、契約する前には一度現地を訪れることを忘れずに。
写真だけではわからない点もよくわかります。少なくとも受付の応対と、電話の受け答えは確認しておいた方がよいでしょう。入居後仕事を始めると、受付や電話応対を受けるのは自分ではなく、クライアントです。
せっかく信頼度の高い住所を手に入れても、電話応対や受付の応対が悪くて信頼を損なったのでは元も子もありません。実際に足を運んでみると、周りの環境などもわかります。これから事務所を構える場所ですから、しっかり確認するようにしましょう。

関連するキーワード

赤坂・六本木エリアのレンタルオフィスを探す