1. ホーム
  2. 銀座・有楽町でビジネスを成功させるならバーチャルオフィス!

レンタルガイド

銀座・有楽町でビジネスを成功させるならバーチャルオフィス!

pt-001-1
自由な働き方が浸透した現代では起業は珍しいことではありません。同時に、情報を自分のものにして事業に反映し、成功に導くことも求められます。何を始めるかということも重要ですが、それを生かすのは周囲の環境や人脈作りでも変わってきます。そして常にスピーディーに反応できることです。ビジネスに必要なことを多方面から捉え、かつコストを抑えて成功に導くためにバーチャルオフィスという選択肢について考えてみましょう。

自己資金の重要性と融資の現実を知る

起業するには自己資金か融資を利用するのが一般的ですが、どちらもおすすめできません。起業融資はさまざまな金融機関や行政でも行われており、金利や据え置き期間など優遇されてはいますが、実際には利用できないか希望額に届かないことは珍しくありません。起業後は不測の事態に備えて自己資金はできるだけ確保しておくのが賢明です。そのため、資金をできるだけかけずに起業できるバーチャルオフィスをおすすめします。自己資金がまったくない場合でもゼロからの起業を可能にするオフィスの新しい形で、バーチャルオフィスは今後ますます需要が高まると期待されています。

バーチャルオフィスという選択肢

バーチャルオフィスは自己資金がほとんどない場合でも起業が可能ですが、賃貸との違いは、わずかな入会金や月々の使用料でオフィスをレンタルできることにあります。一般的にオフィスを借りる場合には敷金や保証金のほか、仲介手数料など賃料の数カ月分が必要になります。例えば1カ月20万円の事務所なら借りるだけで100万円を超えることも珍しくありません。さらに内装や家具、OA機器の調達にネットや電話回線などそれに伴う費用はつきものです。しかし、バーチャルオフィスにはこれらの備品やサービスの利用が含まれ、月々わずか数千円という金額で利用することが可能です。

レンタルオフィスとの違いは?

一般的な賃貸事務所と異なるものではレンタルオフィスもあります。個室の事務所として完全に1室使用できるレンタルオフィスとの違いは、作業できる個室は設けられていないということです。基本的な電話転送や応対などの代行業務に、ネットやOA機器などの利用というのが一般的なサービス内容になっています。バーチャルオフィスによってプランや利用法は多少異なりますが、誰でも自由に利用できる共有のスペースを用意しているところや、別料金で利用できる個室の会議室を設けているところもあります。事業のタイプや目的で自由なプランが組めるのも特徴です。

有楽町や銀座という立地に見る日本の良さと利便性

オフィスの場所を決めるにはいくつかの条件が考えられます。通勤に便利な立地であることもそうですが、環境から得られるメリットも重要です。銀座や有楽町は、戦前は日本の流行の発信地のひとつであり、現在もその名残がある老舗デパートや飲食店が集まっています。北西には皇居や歴史のあるホテルが立地していますが、下町へもアクセスしやすい位置にあります。地下鉄を始め、公共機関も充実した地域で、移動がスムーズなのはオフィスの条件には重要なポイントです。古い日本の良さと都会の利便性、そしてステータスを同時に得られる場所ではないでしょうか。

コストを抑えて事業を成功に導く!

起業にはリスクが伴います。しかし、それを最小限に留めることのできるのがバーチャルオフィスという選択肢です。わずかな使用料で事業に最低限必要な空間やサービスが利用できるだけでなく、ビジネスチャンスにつながる立地のオフィスを利用するにも通常の事務所のような面倒な引越しも伴いません。コストを抑えて利用できるオフィスは、基本のオフィスとしてかまえる以外にも、支店感覚やサテライトオフィスという位置づけでも利用は可能です。自己資金や融資が見込めない場合でも、低いコストで起業を可能にするバーチャルオフィスで成功をつかみ取りましょう。

関連するキーワード

銀座・有楽町のバーチャルオフィスを探す