1. ホーム
  2. レンタルオフィスも視野に!少人数のスタートアップ企業のオフィス選びのポイントとは?

レンタルガイド

レンタルオフィスも視野に!少人数のスタートアップ企業のオフィス選びのポイントとは?

web-01

スタートアップ企業の場合は、従業員数は少人数なのが一般的です。こういった企業はこれから成長をしていくことになりますので、オフィス選びが難しいでしょう。

選ぶ時点での企業規模でオフィスを選んでもすぐに手狭になって移転を余儀なくされる可能性があります。そこで、スタートアップ企業のオフィス選びのポイントについてご紹介します。

オフィス選びのためにスタートアップ企業の特徴を知っておこう

少人数のスタートアップ企業のオフィス選びを考える場合、まずスタートアップ企業の特徴を正しく理解しておくことがポイントです。

スタートアップ企業の主な特徴は3つあります。1つ目は、企業規模が急激に変化することです。スタートアップ企業は、急激な成長過程にあることが多く、1年も立つと人員が数倍に成長していることも珍しくありません。そのため、人員の増加に伴って仕事に必要なスペースも増えることになります。

2つ目は、フラットな組織でコミュニケーションが活発なことが多い点です。創業して間もない企業の場合は、社長も含めてその会社の勤続年数は短くなります。そのため、風通しがよく、コミュニケーションが盛んな組織ができあがることが多いといわれています。

3つ目は、成長過程にあるために資金が不足しがちになることです。企業が成長する場合、どうしても支出が先に立ち、収入となって返ってくるのが後になり、資金繰りが大変になる傾向があります。スタートアップ企業にとってできるだけ無駄な支出を省くことは重要な経営課題なのです。

スタートアップ企業にとっての一般的な賃貸オフィス

では、少人数のスタートアップ企業が一般的な賃貸オフィスを選ぶ場合について考えてみましょう。一般的な賃貸オフィスの契約期間はそれなりに長く、入居にあたってはレイアウト工事が必要になることも珍しくありません。

賃貸オフィスの利用は、少なくとも2年程度、通常はさらに長期間賃貸を続ける場合に最適化されたシステムになっていることが多いです。しかし、スタートアップ企業の場合は、すぐに成長してオフィスが手狭になり移転する必要が生じる特徴があります。

一般的な賃貸オフィスに入居して短期間で退去すると、レイアウト変更工事費用や原状回復費用ばかりがかさんでしまうことになります。また、通常の賃貸オフィスに入居する場合は、多額の保証金を支払う必要があるのが一般的ですし、オフィス入居後に使用するオフィス家具なども自ら購入して揃える必要があります。

そのため、資金負担が大きくなるというデメリットもあります。そう考えると、スタートアップ企業が一般的な賃貸オフィスを利用するのはデメリットが大きいといえるでしょう。

レンタルオフィスのメリットとは?

一般的な賃貸オフィス以外にオフィスを構えるという選択肢はあるのでしょうか。そこで注目したいのがレンタルオフィスです。レンタルオフィスには様々なメリットがあります。

1つ目は、多額の保証金が必要ないことです。保証金がゼロというケースはまれで、ある程度は必要になることが多いですが、一般的な賃貸オフィスと比較すると少額で済むメリットがあります。

2つ目は、入居手続きや退去手続きが簡単だという点です。レンタルオフィスの場合は、入居にあたってレアウト工事や配線工事をする必要はありませんし、退去の場合の原状回復もほとんど必要ありません。また、オフィス家具などもあらかじめ用意されていますので、入居契約後すぐに仕事が始められる状態を確保できます。

3つ目は、ビジネス街の一等地など魅力的な立地のオフィスを利用できることです。企業のブランドイメージを向上させたい場合などには有効活用できるでしょう。

4つ目は、さまざまな付帯サービスが活用できることです。電話取次サービスや秘書サービス、郵便関連サービスなどが用意されていることが多いですので、専門の社員を雇う必要がなくなります。

5つ目は、同じレンタルオフィスを利用している他の会社とのつながりが生まれることです。業種の違った多くの企業が集うことになりますので、そこからビジネスチャンスが生まれることも期待できます。

スタートアップ企業にはレンタルオフィスがおすすめ

レンタルオフィスのメリットについてご紹介しましたが、これらのメリットは、そのままスタートアップ企業が受けられるメリットとなるでしょう。

入居や退去がしやすいというメリットは、急激な拡大によりオフィス規模を頻繁に変更する必要があるスタートアップ企業にとっては大きなメリットとなるでしょう。工事費用に関する資金負担が軽減できるだけでなく、入居や退去に伴う労力や時間も節約できることにつながります。

また、資金負担の面では多額の保証金が必要ないという点も、資金が不足しがちなスタートアップ企業にとっては助かるポイントといえます。さらに、秘書サービスや電話取次サービスが用意されている点もスタートアップ企業にとっては魅力です。創業間もない企業は、本業のマンパワーが不足しがちで社員全員一丸となって本業を行っているケースも珍しくありません。

そのため、間接部門に十分な人員を割けるケースは多くないでしょう。そういった少人数のスタートアップ企業にとっては、レンタルオフィスの付帯サービスは魅力的です。スタートアップ企業が成長を続けていけるかどうかはオフィス選びにかかっている面もありますので、レンタルオフィスの活用を視野に入れて賢いオフィス選びをしましょう。

関連するキーワード

レンタルオフィスを借りるには | レンタルオフィスの活用ポイント | 少人数で利用できるレンタルオフィスを探す |

各種サービスが受けられるレンタルオフィス