1. ホーム
  2. レンタルオフィスを借りるには

レンタルガイド

レンタルオフィスを借りるには

dada

このページではレンタルオフィスを借りるまでの一般的な流れについて詳しく解説いたします。

STEP1.希望に合うオフィスを探す

ご自身の利用目的に合わせ、最適なレンタルオフィスを探しましょう。一口にレンタルオフィスと言っても、専用の個室が用意されるタイプやスペースを共有して仕事をするタイプなど様々です。ご自身のニーズにマッチするオフィスタイプがご不明な場合には以下のページでタイプごとの特徴を詳細に解説していますので、ぜひご参考になさってください。

»レンタルオフィスのタイプと特徴(全体)

すでにご希望のオフィスタイプがある場合には、ご希望のエリアや賃料、オフィスに求めるこだわりをもとに最適なレンタルオフィスを検索しましょう。

»レンタルオフィスの条件検索はこちら
»バーチャルオフィスの条件検索はこちら
»シェアオフィス・コワーキングの条件検索はこちら

STEP2.内覧の申込み

気になるオフィスが見つかった場合には内覧のお申込みを行いましょう。多くのレンタルオフィスがホームページ上に申し込みフォーム、電話、Eメール等の申込み窓口を設置しています。レンタルオフィス.comにもオフィスへの問合わせフォームを用意していますので、ぜひご活用ください。

STEP3.オフィスの内覧

実際にオフィスの内覧を行いましょう。内覧をスムーズに進めるためにも事前に内覧時にチェックすべきポイントを整理しておくことが重要になります。最寄り駅からオフィスへの道のりからオフィス室内までのチェックポイントを網羅した、レンタルオフィス.comオリジナルの内覧シートもご用意していますので、印刷して内覧時にお役立てください。

STEP4.入居の申込み

内覧の結果、希望通りのオフィスであった場合には入居の申込みを行いましょう。入居の申込みにあたって提出が必要な書類があります。事業者ごとに若干の違いはありますが、多くのレンタルオフィスでは、申し込み時に以下の書類の提出を求められます。

  1. 事業者ごとの入居申込書
  2. 免許証などの写真入り身分証明書
  3. 法人契約の場合は登記簿謄本、または登記簿事項証明書
    個人契約の場合は住民票
  4. 印鑑証明書

※2~4は発行後3ヶ月以内

STEP5.入居審査

入居の申込み後、事業者側で入居審査が行われます。審査結果は早ければ1,2営業日以内にEメールや契約書の郵送などをもって通知されます。

STEP6.契約・入金

入居審査を無事に通過した場合には、正式に入居契約を結びましょう。通常、審査結果通知に同封される契約関連書類に署名、捺印をし、返送します。また、契約書類の提出と合わせ、契約金を指定された口座に入金することで契約手続きが完了となります。入金日には期限がありますので注意が必要です。

STEP7.入居・利用開始

契約書に記載された入居日から実際の利用を始めましょう。
オフィスによっては入居日前日から入居準備目的で利用が可能なケースがあります。
また、利用の目的が法人設立である場合には、30日以内に税務署に開業届を提出しましょう。開業届けを提出することで諸々の経費を認められる可能性が生じ、節税に繋がります。一方で届出の提出を行わない場合、後年税務署から指摘が入る可能性があり、脱税行為と見なされれば追徴課税に課せられる可能性があるため、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
あまりなじみのないレンタルオフィスを借りるまでの流れについて説明しましたが、気になる物件を探し、内覧を行い、契約を結ぶという流れは賃貸物件の場合と変わりはありません。近年ではWeb上やEメールでのやりとりのみで入居までの手続きを完了できるレンタルオフィスもあります。また、入居申込みから契約手続き完了まで早ければ1週間程度と非常にスピーディーに手続きを進めることが可能です。
新たな仕事場としてレンタルオフィスのご利用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

「レンタルオフィス.com」で東京・大阪をはじめ、全国で理想のオフィスを探す!

>「レンタルオフィス」を探す!

>「バーチャルオフィス」を探す!

>「シェアオフィス・コワーキングスペース」を探す!