1. ホーム
  2. 交通利便性抜群の梅田、大阪、新大阪にあるレンタルオフィスの相場

レンタルガイド

交通利便性抜群の梅田、大阪、新大阪にあるレンタルオフィスの相場

web-02

レンタルオフィスを探すときのポイントのひとつが、交通の利便性です。大阪地域で交通の利便性が抜群と言えば、梅田、大阪、そして新大阪があげられます。

レンタルオフィスの使い方やビジネスの内容によってもどの地域を選ぶかは変わってきますが、どのような条件でも注目されるのは梅田、大阪、新大阪です。この地域には、ニーズにあった様々なスタイルのレンタルオフィスがあります。詳しく見ていきましょう。

梅田、大阪、新大阪の地域性が生み出した特徴あるレンタルオフィス

梅田、大阪、新大阪のレンタルオフィスの最大のウリは、何といっても交通利便性です。大阪地域への移動拠点としてはもちろんのこと、他の関西地域、東海、首都圏までも網羅できる便利さは、特に営業活動を行う上ではこれ以上のエリアをありません。

早くから都市開発が始まった梅田、大阪地区は、多くの店舗がひしめく町ですが、今もなお再開発は進められていることもあって常に勢いがある町です。大阪の中心地であることも大きなメリットとなって、この地域のレンタルオフィスを利用する人は多いです。

梅田、大阪、新大阪には多くの企業が営業拠点を持っています。その中でレンタルオフィスを選ぶ企業の多くは、新規進出してきたり、フリーランスでビジネスを展開しようとしたりしている企業です。これらの企業がレンタルオフィスを選ぶ理由の1つは、初期コストとオフィス運用コストです。レンタルオフィスであれば、敷金や礼金などが不要なので初期コストを抑えることができますし、事業の進ちょく具合によって、サイズを変える等の迅速な対応ができるので、固定になりがちなオフィス運用コストも柔軟に対応できます。

梅田、大阪、新大阪には高層ビルをはじめ通常の賃貸のオフィスもありますが、すぐに利用できるレンタルオフィスはスモールスタートには最適です。また、新しいスタイルとしてシェアオフィスという形もあります。よりコストを抑えて、営業拠点としてのみデスクを使いたい場合にはおすすめできるスタイルです。

梅田のシンボル、阪急グランドビルにあるレンタルオフィスの相場感

阪急梅田駅と地下鉄の梅田駅の真上に梅田のシンボルのように建てられている阪急グランドビルは、JR大阪駅にも直結していて、この地域では最高のロケーションのビルになります。隣接している大阪新阪急ホテルから運行されているリムジンバスを利用すると関西国際空港、大阪国際空港へ行くことができ、他の地域へのアクセスにも便利です。 ステンドグラスのアプローチで有名なこのビルの20階にあるのが、リージャスです。

阪急グランドビルのレンタルオフィスはインターネット環境やオフィス家具が完備されていますので、一切の工事を行うことなく入居することができます。また、受付サービスや共有の会議室等の付帯サービスも充実しているので、最適な環境でオフィスを持つことができます。 完全に個室化されたプライベートオフィスタイプや仕切りで分けられているセミプライベートオフィスタイプなど利用の仕方や人数によっていろいろなパターンを選ぶことができます。

プライベートオフィスタイプで月額料金100,000円くらいから、セミプライベートオフィスタイプで月額料金50,000円くらいからが相場になっています。

ビジネスセンターにあるレンタルオフィスの相場

大阪駅から少し離れた徒歩圏には、多くのビジネスオフィスのビルがあります。

西梅田再開発エリアには高層ビル群が立ち並び、多くの企業がオフィスを構えています。その中の1つであるパシフィックマークス西梅田にはビジネスセンターがあり、ビジネス拠点として人気の高いレンタルオフィスがあります。 この地域は、梅田、大阪の中心街から少し離れていることもあり、レンタルオフィスの相場も少々低めに設定されています。落ち着いた環境でビジネスを展開したいと考えるのであれば、この地域のオフィスはおすすめできます。

完全に個室タイプのレンタルオフィスであっても、月額料金40,000円くらいから利用することができます。もちろん入居者が利用できるネットワーク環境、会議室、受付対応サービスなども充実しています。

働き方改革でスタイルに変化、新しいタイプのレンタルオフィス

働き方改革という言葉が巷では飛んでいます。いろいろなスタイルの働き方は、いろいろなタイプのレンタルオフィスを生み出しています。最近人気が高い、コワーキングオフィスもそのひとつです。

コワーキングオフィスは、専用のスペースを用意するのではなく、必要な時に立ち寄って空いているオープンスペースで仕事をするというスタイルです。バーチャルオフィスに、デスクスペースが付いたタイプと考えるとわかりやすいですね。梅田、大阪、新大阪など交通利便性が高い地域では、このコワーキングオフィスのタイプはとても便利に利用できます。 コワーキングオフィスの契約は、月極めだけでなく、月に数回しか使わない場合でも対応できるいくつかの契約方法があり、自分たちがこの場所でのオフィスをどのように使いたいかによってタイプを選べますので、無駄な費用が発生しません。

月に5回ほど使って、15,000円弱からとなっていますので、デスクスペースにバーチャルオフィス、ネットワーク環境等を合わせて考えると格安です。 今やビジネススタイルは刻々と変わっていきます。自分たちのスタイルをオフィスに合わせるのではなく、自分たちのビジネススタイルにあわせてオフィスを選ぶことが今のビジネススタイルになっています。交通利便性の良いこの地域で、アクティブに動ける拠点を選びましょう。

関連するキーワード

梅田・大阪・新大阪のレンタルオフィスを探す | 梅田・大阪・新大阪のコワーキングスペースを探す | 新宿のレンタルオフィス相場